コロナ、心地よい暮らし

1:コロナに感染したのかなんだかわからない時期の我が家の過ごし方

我が家で隔離生活をするわけ

この記事は2020年4月に一度書いたものを1年半経ってのコロナの状況を踏まえてリライトしたものです。

元々、偏頭痛持ちの旦那殿。
我が家ではコロナが流行し始めたばかりの頃から少しずつ形態を変えながら(ある意味ウィルスと一緒にバージョンアップしながら)自主隔離をしてきています。
前週が私、今週は旦那が自主隔離なんてことももう何度も。
コロナ流行前の普段だったら気をつけるくらいですが、少々微熱気味というだけでも隔離の必要があると思っています。

なぜなら

無症状の人もいるから

それぐらいなので当然微熱だけでもその後コロナだったってこともあり得ますよね。
実際にそういうニュースも目にします。
そもそも我が家ではずっとコロナ禍であっても、緊急事態宣言中であっても仕事が休みにはならない旦那殿。
現場仕事なのでテレワークなんていうものも存在しません。
なので前週に私が普通の風邪をひいていたと分かっても私のものがうつったのか外から何かを持ってきたのかそれが

風邪なのか
コロナウィルスなのか

まったく不明なわけでして。。
私の場合も37・3度までしか上がらずそれでも珍しく4日間36・8度から37・3度を行ったり来たり・・一週間、厳戒態勢で別に過ごしたこともありました。
しかも、我が家は私の実家は母が認知症、夫の実家は遠方でしかも義父や親戚が持病を持っているので私たち二人に何かあっても子供を預けるわけにはいかない。
なのでとにかくうつるとしてもずれて発症が重要。
そうすることで子供をどこかに預ける必要はなくなるからです。

そんなわけで我が家では少しでも体調が悪いと

隔離生活

をしています。




2:コロナウィルスと判断される基準

コロナウィルスとの判断基準が逆にはっきりしなくなった最近

初期の頃は持病があったり妊婦さん、高齢者などでない限り基本的に37・5度の熱が4日間というのがコロナウィルス感染の基本指針でしたが今は息苦しさや強いだるさ、高熱等の強い症状がある場合と少し曖昧な感じになっています。

なので先ほど記載したようにいつもと違ってちょっと体調悪いと

自主隔離

を家庭でするしかない。
しかも感染力が強くなってきたデルタ株。
気をつけるしかありません。
しかも面倒なのは感染しているのかがわからない上に全く外に出てない生活というのは実質的に無理なわけで
そうするとこのターンは気をつけないと

何度も続く

わけです。とにかく体調管理大切ですね。

そうはいってもストレスも溜まりがちで体調不良もあるかと思うので、私のふるーい大学時代の疫学の知識を取り入れながら

古いことは古いですがでも、基本の知識は同じで専門家が提唱しているものも大体同じです

我が家がもう何度もその仮定で動いていてバージョンアップしてきている方法をシェアします。

 

3:体調が悪い本人を隔離した上でいろいろ処理を行う

体調が悪い人が家で出た時の隔離方法

順序としては以下になります。

1:本人隔離

隔離後患者本人に自分で窓を開けてもらい、寝込める様、準備してもらう。
換気をしてもらうのは最初だけ持ち出すもの、持っていくものがあったりして、被感染者が出入りするからです。

2:曝露してしまっている箇所、物の消毒

感染者が触ったと思われる場所からをひたすらアルコールでふきます。
布にきくアルコールがあると、多くの場所で使えるので便利です。

3:隔離部屋から必要な物を救出、逆に搬入

出入りが少なく済む様、みかんなどの軽食、水筒、体温計、タオルなど持ち込み
(我が家は寝室に娘の服が置いてあるのでミニタンスごと救出しました)

この時に、ゴミを入れる袋や、汚くなった洋服を入れるもの、逆に本人が出る時に使えるようアルコールウェットティッシュなどがあると便利です。

4:やりとりはLINE

家の中でも通話などで対応してます。
トイレ、お風呂以外は出るのは禁止。

必要なものは言ってもらう、出てくるときも被らない様にお互い配慮します

5:基本は全て別空間か別時間で利用。

お風呂は最後に入ってもらう。(熱が下がっている場合)
私が学んだ公衆衛生学的には清潔にしてもらうのが基本なはずなので着替えもきちんとしてもらっています。
ただ、その着替えも、体を拭いたタオルも一旦隔離部屋に持ち込んでもらい、洗濯するときに持ち出します。
我が家ではビニール製の袋にためておいてもらってます。
タオルも自室に1週間分くらい持って行き、トイレなどで出るときは持って出てもらい戻ってもらっています。
トイレにアルコールのものを置き、出るときに自分で一応、ドアノブなど吹いてもらってます。
が、私も時間をおいて消毒しています。

 

6:できるだけ一緒の空間もずらして入る。

廊下を挟んでるのでとりあえず、感染していると思われる人間が通った場所については1h程度おかない限り出入りしないようにしています。
空間では3時間くらいとのデーターもありますがそこまでは実生活上無理なので。
どうしてもの時はマスクをしてパッと出る感じ。

 

7:換気は頻繁に、感染疑い者はできるだけ余計なところは触らないように

とにかく換気を1時間に1度10分以上行っています。
夏は開けっぱなしです。
そして部屋から出ても感染している可能性のある人間はできるだけ余計なところを触らない。
これを遵守してます。
そのおかげかはわからないですがとりあえず先日抗体検査をしたものの、いいのか悪いのか誰もかかっていないようです。

(かっかっていたほうが抗体があってよかったなあとも思いますが・・)

これが一週間から10日程度続きます。
熱が下がっても感染の可能性がある以上、二週間がベストでしょうけれどもそうすると年間1ヶ月は休む計算になってきますので、最近は熱が下がって2日くらいで解除しています。
まあ熱が出ることはほとんどないので軽い症状か偏頭痛などがほとんどですが。

早く終息してほしいものです。

 

4:あると便利なもの

我が家でコロナ流行で再購入したものなど

あって便利だと思ったのは

体温計2つ以上。

我が家は子供がじっとしてられない関係で買い足しをしたので2つ以上ありこれは助かりました。

そして現場は休みにならない予定と聞いて念のため購入しておいたのが

使い捨てゴム手袋

偶然カインズで見かけ必要な人に渡るべきかとも悩んだのですが相当個数があり、我が家にはずっと外出する人間がいてちびっこが1名。
ツーオペで今後病院には入れなくなる可能性が高い以上必要と判断して購入してきました。
買っといてよかったです。。

普段あるけれど

キッチンペーパーやティッシュペーパー、紙コップ

エコではないので普段は我が家ではあまり使いませんが、衛生上、疫病の場合は使い捨てがいいので使い捨てられるものは重宝します。

意外や意外

ペットボトルの飲み物

途中から、非常時においてあるペットボトルの飲み物に切り替えました。
理由は我が家は子育てがツーオペの関係で、飲み物を作ることとその入れ物の除菌が大変になってきたからです。

後我が家に3台ある家電があります。
それはシャープの空気清浄機。
シャープさんが大学に調べてもらったところコロナウィルスの減少も確認できたという代物。

我が家では一番最初の古い機種が一台。

一つ前のこちらの機種が2台あります。

 

 

コロナ対策色々大変ですがこういった機械に頼るのも大切かなあと思っています。
エコでないものは好きではないですが、健康でなければエコ生活もできないわけで。

 

 

というわけでどなたかの参考になりましたら・・

こちらのブログ記事も人気です。

保育園で陽性者が出た時の我が家の自主隔離方法

 

 

参考になりましたらご協力お願いします。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

homeへ戻る