引越し

私は中古の家を購入したのは初めてです。
というか、親元離れて自分で分譲に住んだのがそもそも初めて。
しかも、実家はずっとマンション暮らしだったので一軒家というのは初めてでした。
それでも一軒家を選んだ理由と、買ってみてわかった中古物件について購入する時に気をつけたほうがいいことなどを今回はブログ記事にしたいと思います。

 

 

1:中古で一軒家を買うことにした理由

田舎で、賃貸で済むのがいいか分譲で済むのがいいか

まず最初に言えるなと思うのは田舎だったから中古物件を買えたし買うことにしたということです。
これが都心だったら当然手も届かないし、購入しなかったと思います。
どのくらい安いのかというと、

5−6年住めば、建物代についてはペイできる感じ。

具体的にいうと私が住んでいる地域の賃貸が今住んでいる中古物件の1階だけの間取りで駐車場こみで6万円という感じです。
ただ、我が家は少し古めで、中はフルリフォームが入ってましたが、私と同じくらいの歳なので、ちょいちょいメンテが必要になるというのは住んでみて後から知りました。
ま、それは後に記載するとして。
そんな安さだったので、

一旦購入しても、最悪建物代なしだったら(土地の値段だけで建物をつけて販売)もいいだろう

と思って購入しました。
今までマンションで育ってアパートやマンションなどの賃貸に住んでいたのに一軒家にした理由は

庭が欲しかったから

というのが理由です。

 

庭の人気ブログ記事はこちら

コンポストでサステナブルな家庭菜園を目指す

 

でもこれは結果論ですが

子供が生まれて、一軒家でよかったな

と思っています。
生活スタイルは子供が成長するに連れて変わるのだろうから少しずつ身軽にはなっていきたいと思いますが、そうは言っても子供はまだ小さく、特にコロナ禍で家にいることが多いので

子供が多少騒いでも平気な一軒家

というのは正解だったと思っています。
我が家の子供はとにかく走り回るので、一軒家以外ではコロナ禍でなくても互いにストレスになるのは目に見えているので^^;

 

2:中古一軒家購入時に注意したほうがいいなと思ったこと

実際に中古で一軒家を購入してみて後悔したこと

家計 心地よい暮らし

後悔しても買わなかったかというとその辺はないと思うのですが、それは結果論。
気をつけなければいけなかったなということがあります。
それは

目に見えない部分をどれだけリフォームしているか

ということ。
これは

後からかかるお金に関係してくるので重要

これは後から知って少し肝を冷やしました。
我が家は子供が生まれてすぐに一階の和室を除菌する羽目になっています。
理由は、1週間も行ってませんが出産前に調子が悪かった時に万年床にしたら、カビが生えてしまったのです。
カビが生えた時にあ!っと思ったのは、内見した時に除湿剤がそこだけたくさん置いてあったのですね。
要はカビやすい部屋だったのだと思います。
というか、家全体が少しそういうところがあったので、結局

床下天井裏はお金をかけてリフォーム

しています。と言っても除菌などの作業プラスなので
(後台風で雨漏りしたのもありますが)

 

その時のブログ記事はこちら

実際に台風で被災した我が家の話。

 

70万程度です。
それ以外にも家をフルリフォームしてあったと言っても結構適当にしていることも多く、我が家の

壁紙や床は少しずつ張り替え

になっています。
壁紙を張り替えている理由は壁の中からカビが発生してきたというのがあります。
おそらくカビが発生したところを処理せずにリフォームされているので、後からそこからまたカビが生えてきたのだと思います。
まあでもこれは自分たちで行ったので1万程度。
そして、床もべこべこしている場所があり、2階で万が一を考えると怖かったので自分たちで調べて張り替え。

自分たちで床を張り替えたブログ記事はこちら

床のリフォームを自分たちで行った話

 

6万程度でしょうか
でも実はこれは共に購入前に気になったことがあり、張り替えたはずの天井にシミがあったり、床がべこってなったしていたのです。
ただ、当時そのことを聞いたとしても基本

中古物件は現状渡し

になるので買うか、値切るかくらいなんですよね。
で、我が家の物件はそもそもだいぶ値下がっていて、

もう売主が値下げない

(もともと投資物件で購入されてすでにマイナスになっていたと聞いています。確かに、適当とは言えどフルリフォームをしているので多分マイナス気味だろうなというのは想像の範囲)

と決めていたので、買うか、買わないかの選択だったので当時話に出たとしても購入していたと思います。
しかし、きちんと後にかかるメンテナンス料も含めてわかっていたほうが人生設計は立てやすいし、もっと大きな問題が出ていたら大変だったので、購入時に床や壁はフルリフォームがかかっていても

気になるところがないのかよくみて気になるところは聞いたほうがいい

と思います。

 




3:一軒家のメンテナンスにかかる費用とは

中古物件でなくても必要な一軒家のメンテナンス

家ごもり

これは別に中古物件に限ったことではないですが、新築よりも早く必要になるのがメンテナンス。
特に古くなってくると気になるのが水回りかなあとか思ってましたがそれよりもすぐに対応が必要になるのが意外にも

屋根

でした。
そして厄介なことにこちらは結構大きい金額の出費がかかります。
屋根を直してみてわかったのですが屋根を直すには

勾配や瓦やトタンで直すのか

で値段が変わります。
また、古い物件は

アスベストの問題で前のものを廃棄するためのお金がかかる

のです。
これは実際に屋根を直そうとしてみてわかったことでした。
今は、その上に打ち付けていく方法もあるそうで、我が家はそれを選択しました。
我が家は勾配が非常にある屋根だったのでお値段は高め。

上記の一階の部屋などのリフォームと合わせると売主が値引きした金額に近くなってくる感じですが、まあこの屋根のメンテナンスは10年に一度は必要になるくらいのものらしいので
(ただ我が家のこのメンテナンスはもう少し長く大丈夫らしいですが)
仕方ないかなあというところ。
ここから先に壁のメンテナンスというのもありますが、我が家はフルリフォームと合わせて、壁は塗り替えはされていたので、それはとりあえず大丈夫でした。

 

4:気をつけたい中古物件を買う時の注意

次回購入するとしたら気をつけたい中古物件購入時の注意事項とは

まとめると

・フルリフォームがかかっていても本当におかしなところがないか、床や壁などを把握

・屋根や外壁はいつリフォームしたのかを確認。

するのがいいと思います。

屋根や外壁のリフォームはしている必要はありませんが、最後にした時から逆算してする必要がいつなのかもわかるので確認しておくと後が楽だと思います。
これらの状態を把握した上で、のちにさらなるリフォーム代などを考慮して買うのがいいのかなと。

逆に全くリフォームしていない家を安く購入して自分でリフォームしていくというのも今はやっていますがありだと思います。

心地よい暮らしを目指して自分の家を心地よい住み心地にしていくためにぜひ、参考にしてみてください。

 

 

参加しています。
よかったらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

homeへ戻る