大同電鍋

 

できるだけエコな暮らしを目指して、無駄な電化製品は取り入れないようにしていますがキッチンはやはりいくつか電化製品が残っています。
手放せたものは炊飯ジャーくらいでしょうか。
我が家は炊飯はこちらの土鍋で行っています。

 

それ以外はやはりあまり手放せていません。
電子レンジとオーブントースターそして、炊飯ジャーを手放すきっかけになった大同電鍋。
これらは子育てが終わるまで手放すのはおそらく難しいなあと思っています。
いくらエコだからといって不便をとってしまうとそれは苦しくなり続かなくなるので我が家ではその辺は割り切っています。

そしてどうせ利用するならば、お洒落でできるだけ何役もこなせるものがいいとキッチン家電は割り切っています。
そんな割り切りの中で取り入れることにした大同電鍋について今回はレビューをしたいと思います。

 

1:大同電鍋って何?

シンプルな構造の大同電鍋

大同電鍋 心地よい暮らし

 

※公式サイトからお借りしました。

台湾で60年近くも売れ続けていて、台湾の人は壊れても買い直す人がほとんどと聞くくらいの、大同電鍋。
大同電鍋イメージとしてわかりやすいのはガスで蒸し料理をする際の電気バージョンのようなものです。
日本の公式販売店でのサイズは6合と10合の2種類があります。
我が家の大同電鍋は台湾製ですが、6合タイプのものを取り入れました。
4人以上の食べ盛りの子供が多い家族であれば10合でもいいかもしれませんが、サイズ感としては6合でそれこそ5合の炊飯器と同じくらいなので、大同電鍋も10合のサイズは少し大きいのかなと思います。

お値段は6合だと大同電鍋の日本公式販売店で14000円。

 

楽天市場の公式販売店

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大同電鍋楽天公式販売店ー 6合 Mサイズ 外釜アルミ製(赤)
価格:14000円(税込、送料無料) (2021/10/15時点)

楽天で購入

 

 

 

自動調理器となると、同じ様なサイズでホットクックやバーミキュラライスポットが4万円以上しますし、大同電鍋は安めの炊飯器と同じ値段なので、すごい高いという印象は受けません。
炊飯器を買おうかなと思っている人は大同電鍋を購入検討してもいいかなと思います。

というのは大同電鍋はご飯が炊けるんです。
この大同電鍋の6合タイプ10合タイプっていうのはそこからきているんですね。
我が家が炊飯器を手放した理由もここにありました。
基本は土鍋で炊きますが電動のものがあった方がいいかなという不安もあり手放すということができないでいたのですよね。
でも滅多に使わないものをずっとおいとくのも・・という時に思い出したのが前に可愛いなあと見ていた大同電鍋でした。
しかも扱いがとても簡単なのがメリット

大同電鍋のボタンは至ってシンプルで、加熱と保温のみ。

大同電鍋 スイッチ

輸入品でない大同電鍋は少し形状が違いますがスイッチは2つです
昔は日本の炊飯器もこのタイプだったようで、大同電鍋も東芝が当時技術協力をしていたそうです。

大同電鍋の仕組みは外釜に水を入れて、蒸気の力で中のものを温める簡単なものです。
大同電鍋のに専用の容器の内釜(と言っても炊飯ジャーの中のようなもの)を入れて水物を入れて料理すれば煮込み料理になりますし、外釜にそのまま蒸し皿を入れれば蒸し料理をすることができます。
ボタンが2種類しかないので、いろいろな機能がついたものに慣れてしまっている人には不安かもしれませんが、そんなに機能あっても使いこなせない、使わないという人にとってはなんとも簡単で気楽です。
大同電鍋は水がなくなれば、ボタンが保温に切り替わるので焦げたり吹きこぼれるという心配も基本的にないこともメリットです。

 


 

2:1つで何役も使える大同電鍋

大同電鍋のメリット

大同電鍋はわたしはレトロな雰囲気が好きでずっと気になっていたキッチン家電でした。
でも、一度手にして便利さをしみじみ感じましたし、大同電鍋は時短ではないのですがほっておいて作れるタイプのものが多く存在するので、子育てが終るまでは手放せそうです。
仕組みが簡単なので壊れにくいし、電子レンジよりもふっくらした温めになるので大同電鍋を手放せるのは最後の方になりそうだなとも思っています。
台湾でも電子レンジがなかなか普及しないのは大同電鍋のせいだといわれるとか。

仕組みのところでいくつかメリットをご紹介しましたが、わたしが感じている大同電鍋の大きなメリットは途中でものを入れ替えられたり足したりできるところ。
今電気圧力鍋も流行っていますが、電気ものは途中で鍋を開けるのができないものが多いですよね。
こちらは途中で鍋を開けて入れ替えてなどとしつつ、3つくらいの料理ができるのです。
そして何より扱いが単純。笑*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
ボタンもそうですがシンプルというのは本当にメリットだと思います。

我が家ではこちらの料理本をあれもできるなあと参考にしているのですが

大同電鍋 本

本を見ているだけでも可愛いしワクワクするかんじ。

楽天ではこちらで購入可能です

 

アマゾンではこちら

水がなくなれば電気が切れ保温に。
水を足せばまた加熱を続けられるという仕組みの大同電鍋。
ほっときながらも調理は進んで足していけるというのは特にこのシーズン、おでんやスープ類に重宝します。
大同電鍋では蒸し料理はもちろん、段を重ねれば同時調理もできるんです。
いろいろな料理ができるので記事が1つできるんじゃないかっていうくらいの便利さ。
(なので簡単にして近いうち記事にしたいと思いますが)

そしてレトロ好きにはたまらない可愛いキッチン家電です。
我が家はいろいろ検討して実はメルカリであまり使ってないという大同電鍋をゲットしました。
微妙なこだわりですがわたしは台湾モデルの方が好きだったりしたので。笑
(台湾製は少しお高めなのでメルカリでゲットしたのですが、こんなに便利なら新品でも良かったかなあと思っています)

台湾モデルはこちらで購入が可能です

 

 

3:自由度の高い大同電鍋

大同電鍋のデメリットとは

大同電鍋

大同電鍋は焼くということには全く向いてません。
デメリットといえばそこでしょうか。
でもそれ以外の蒸す、煮るという料理はできます。
そしてもう一つ大同電鍋のデメリットがあるとしたら構造がシンプルなので大体ということが多いところがデメリットでしょうか。
カップ1杯の水が蒸発するのに20分程度かかりますが、ホットクックのように分量や細かい時間設定は当然できません。
そういうものを求めている人はある意味シンプルさがデメリットになると思うのでホットクックの方がいいと思います。

でも普通の鍋もそうですよねえ・・。
ガスで普通の鍋だと吹きこぼれないか、温度は上がりすぎてないか見に行かないといけないですがそれがないのが大同電鍋。
長短一旦ではないですが、メリットをデメリットに感じる人もいるかなというところです。

大同電鍋は機能としてはいろいろついているわけではないので不便でデメリットと見えがちですが、逆に機能としてついてない分、自由度が高いキッチン家電だなあと思います。
機械に頼るわけではなくて上にお皿を乗せたりして少し工夫をするだけで同時料理ができたりするからです。
1つ1役でないものを取り入れるとなると機能がたくさんついているものを選びがちですが、電子レンジの機能をうまく全て使いこなせていない人なんかには本当におすすめです。

悩んでいる方はぜひ参考にされて取り入れてみてください。

 

そのほかキッチン道具の人気ブログ記事はこちら

心地よい暮らしのキッチン道具ベスト3

 

北欧好きはみんな持っているSTAUB鍋レビュー

 

 
参加中です
ぜひポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

homeへ戻る