有機栽培

先日座学を少し真面目にやろうと思うと2021年夏の反省でブログに記載しましたが、そもそもどの本がいいかなど非常に悩む方も多いと思います。

そのときの記事はこちら

秋・冬に向けての庭と家庭菜園

特に無農薬で行おうと思うとなかなかいい本を探し当てるのが大変だったりします。
あまり学問すぎても楽しくないし実用的ではない。
かと言って学問的にわかってないとなかなか自分の家にあったようにカスタマイズしていけないのが家庭菜園で行う無農薬野菜の栽培。

かくいう私も家庭菜園の本難民かというくらい色々な本を図書館で借りたり購入したりしてきました。
今回はそんな私が購入していまだによく使っている本をいくつかご紹介します。

 

1:超初心者向けの家庭菜園で無農薬野菜作りを学ぶ本

無農薬野菜作りが食べ物ごとにわかる本

 

無農薬栽培

初めてでも大成功!
無農薬でかんたん野菜づくり

この後に紹介するぐうたら農法という本よりは基本を学ぶというより野菜ごとにどう育ていくのかということがわかる本です。
NHKの趣味の園芸のやさいの時間という番組が月刊とは別にまとめて出した本で月刊とは別のものです。

初心者にとっては土づくりや、無農薬はどうしたらいいかというよりはまずは野菜を作るというところからスタートして収穫の楽しみがあって・・というのがいいと思うので初心者にはぴったりの本だと思います。
実は私も無農薬野菜をやろうと決めた時に最初に手に取った本でいまだにその野菜ごとに確認をしたりしています。
季節ごとに野菜が纏まっているので、その季節の前になると何を育てよう、育てられるのかというのはこれでチェックすることができます。
栽培適期カレンダーも付属しているので今の季節に何を植えるかという判断もいっぺんにできるのも便利

さらには畑で育てる場合とプランターで育てる場合が載っていたり、収穫までの流れが乗っていたり、どうすれば病気や害虫の被害を受けないのかなども載っていたりするので時期になったらその都度確認できるのも安心です。

上級者になってくると少し、野菜の量が少ないかなと思うかもしれませんがそれでもハーブを含めて25種類の野菜について載っているので、ほとんど網羅できるように思います。

 

楽天ではこちら

 

amazonではこちらから

 

 

2:自然農法を仕組みから学べる一冊

ぐうたらだけど塩梅が必要な家庭菜園

ぐうたら農法

ぐうたら農法

この本の中に自然農法と書かれているわけではなく、あくまで「自然のバランスを活かす、手間いらずの農法」「ぐうたら農法」という記載になっていますが、いわゆる自然農法と呼ばれるものだなあと本を読んで思いました。
上の無農薬でかんたん野菜づくりと比べるとどうすればできるのかという理論が実際行うことを基に理由や原理を含めて学べる本です。

草マルチの使い方や土壌改良の仕方、ボカシ肥料の作り方なども載っています。
もちろんそれぞれの野菜の育て方も載っています。
私はボカシ肥料の作り方はこの本で学びました。
自然農法はあまりブログなど実際にされている方が系統立ててweb発信していないので、自然農法や有機栽培に興味がある人は持っておくといい本です。
他の本などと違って、農薬を使わない農法でどうやると収穫がしやすいかだったり収穫しどきなどが学べます。

載っている野菜の数も42種類

と多いので家庭菜園であれば十分な量だと思います。
上記の本と比べて、最初に理論が入っているので少し難し目かなあということと、野菜が季節ごとに纏まっているわけではなくどちらかというと科目ごとに纏まっているので、季節で考えがちな初心者だと少し不安だと思います。
私も上の本と合わせて利用しています。
ただ、少し無農薬の家庭菜園が進むとコンパニオンプランツをよく考えるようになってくると思うのでその際には利用しやすい本です。

 

楽天ではこちらから

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西村和雄 ぐうたら農法 [ 西村和雄 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/9/17時点)

楽天で購入

 

 

amazonではこちらから





3:無農薬関係ではないけれど応用できる本

ゴミの削減や節約にももってこいの本

再生栽培

キッチンからはじめる再生栽培

最近はやっている再生栽培。
家庭菜園で無農薬野菜を作っている方は結構、ゴミの削減だったり節約だったりそういうことにも興味があるかたが多いのでは?

再生栽培はその二つに役立つのでそういう方におすすめの本です。
よく、家でも何気に農薬のものも気をつけている方は多いのでは?
そういう時にはとても役立つ本です。

再生栽培は我が家はネギなど簡単なものしかできていなかったのですが、この本には小松菜やほうれん草の切れ端から再生栽培をしていく方法や、上手な種の採取の仕方なども載っていて、とても便利。
無農薬野菜をとっていればそこから使えるものは無農薬なので一石二鳥ですよね^^
実はこの本は夫が買ってきてくれたもので最初期待してなかったのですが、私のよく見る一冊になっています。

 

楽天ではこちらから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キッチンからはじめる再生栽培 すてるところからリサイクル (ブティック・ムック)
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/9/17時点)

楽天で購入

 

 

amazonではこちらから

 

いかがでしたでしょうか?
なかなか見つからない自分にあった無農薬の本。
どなたかのお役に立てば

 

その他庭づくりの人気ブログ記事はこちら

庭を1から作った我が家3年まとめ<玄関前ver>

 

 

参加しています。
よかったらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

HOMEへ戻る