心地よい暮らし おもちゃ

気をつけないと無限大に増えやすいおもちゃ。

割とどの家庭にでもあるアンパンマンとブロックどのおもちゃがいいのか悩むのではないのでしょうか。

そしてそれを組み合わせたアンパンマンブロックも。

 

インスタばえや家のスッキリ感などを追求するならば、

色味が少なめだったり、少なめのおもちゃがいい

と思いますが、我が家では2歳半まで私が仕事をしながら家で保育だったのでその時期のおもちゃが多めです。

もちろんブロックラボのアンパンマンブロックもレゴのデュプロシリーズもあります。

 

しかし、できるだけ長く使えるものをチョイスはしているので「ずっと子供が使っているもの」を選んで購入した結果です。

 

本日はそんな我が家で実際に使っている多くの家庭で取り入れられる、ブロック系のおもちゃ、

ブロックラボのアンパンマンブロックとレゴデュプロを組み合わせて遊べる、遊び方のお話

です。

 

そう、レゴデュプロとブロックラボのアンパンマンブロックは互換性があって組み合わせて遊べるんです!


初めて与えるブロックがどのブロックがいいか

ブロックラボのアンパンマンブロックやレゴデュプロどっちがいいか

互換性のあるアンパンブロックとレゴデュプロをどう組み合わせて遊ぶのがいいのか

など購入で悩んでいる方おすすめのブロックなども載せていますので、ぜひ参考にされてください。




1:アンパンマンブロックとレゴデュプロどっちがおすすめ?

子供に人気のブロックラボのアンパンマンブロック

アンパンマンブロック

アンパンマンブロックとレゴデュプロどっちがいいか迷う方も多いのでは?

結論から言うと、本当の初回はアンパンマンを知っている子であれば、アンパンマンブロックがおすすめです。

ただ、初回だけ。

その後はレゴデュプロで揃えるのがおすすめです。

 

我が家でも、今回ご紹介するアンパンマンブロックの単体、はじめてブロックセットは実は出かけるたびに一時期時折買っていたおもちゃでした。

理由は

アンパンマンブロックは安めで数が多くなく、子供がブロックを好むかの感触を確かめられるから。

 

しかし、その後は互換性のあるレゴデュプロおすすめ。

のちに説明するアンパンマンブロックのデメリットがその理由ですが、もう一つの理由としてはアンパンマンのおもちゃは基本

ずっと置いておく部類のものではない

と思うからです。

 

子供がだんだんとアンパンマンを卒業していく時期があるのを聞いたことがありませんか?

子供が成長してくると、自分が大きくなったと言う認識から、逆にアンパンマンのものを好まなくなったりします。

そういう点からも初回は、アンパンマンブロック、その後はレゴデュプロというのがおすすめです。

 

 

今、我が家にあるブロックラボのアンパンマンブロックは単品で以下の3つ。

 

ドキンちゃんの人形がついたのアンパンマンブロックと

 

amazonだとこちら

バイキンマンの人形がついたのアンパンマンブロックと

 

amazonだとこちら

アンパンマンの人形がついた

 

アンパンマンのブロック。

本来のお値段は一番最後に紹介したアンパンマンブロックの500円程度のもの。

 

ただ、現在、このブロックラボのアンパンマンブロックの単品シリーズは人気商品なようで、楽天市場だと取り扱いがだいぶ少なめでお高め。

 

今ならミニセットで一旦購入するのもアリな気がします。

 

 

 

ブロックラボのアンパンマンブロックに限らず、ブロックは手先が器用になってきた2歳くらいのに初めて子供が好んで手にするおもちゃのように思います。

このブロックラボのアンパンマンブロックのはじめてシリーズは、初めはアンパンマンが好きな子には食いつきがとてもいいです。

またアンパンマンブロックは単品で集めたり、子供がブロックが好きかなどを確認するのには、安く手軽に試せるのでおすすめのブロックです。

少しずつ追加していけるのも便利です。

 

我が家では遠出の外出だったり、うちの母がどうしても何か孫に買いたいと言ってくれた時

(何か買いたいっていうのはあるあるでしょうか・・)

だったり、お年玉をいただいたので少しだけという時に購入して様子を見たブロックがアンパンマンブロックでした。

 

ブロック遊びが好きでないという子も時折いるようなので、ブロックラボのアンパンマンブロックでブロック遊びが好きかどうかなどの感触を見るのにはいいと思います。

アンパンマンブロックは本来、単品だと500円以下ですからね。

結構購入されている方もいるのでは?

 

 

ただこのブロックラボのアンパンマンブロック、ひとつデメリットがあるんです。

それが初回だけアンパンブロックがおすすめの理由なのです。



 

2:ブロックラボアンパンマンブロックのデメリット

アンパンマンブロックと互換性のあるデュプロを組み合わせるのがおすすめ

子供 出産 子育て

このブロックラボのアンパンマンブロック、購入した時は遊ぶのですがデメリットはその後で

これだけだと汎用性が低い

ということです。

ブロックラボのアンパンマンブロックの上記のものだけだと組み合わせられる数も少なく、遊びが広がらずあまりその後遊ばない・・・っていう・・TT

 

その日はまあ遊ぶんですが。。

安いのでいいといえばいいですがおもちゃが無駄に増えていく・・

おもちゃ

ただ、親としては

落ち着いて手先を使う遊びをさせたい

ので我が家も当初、大きいブロックラボのアンパンマンブロックのセットを買うか悩んでたんです。

 

こちらのようなものですね。

ブロックラボのアンパンマンブロックは他のブロックだと人形などがセットでこんな感じ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンダイブロックラボ ファーストシリーズ はじめてのブロックバケツ
価格:2020円(税込、送料別) (2022/5/19時点)

楽天で購入

 

 

 

こちらのブロックラボのアンパンマンブロックは単品でなくても比較的安いものもあるのですが、それでもセットになると2000円から3000円。

しかも先ほど記載したように、アンパンマンブロックだけだと若干、ブロックの遊びとしては広がりが、レゴデュプロなど他のブロックに比べて少ないんですよね。

他のブロックと比べて、ブロックラボのアンパンマンブロックは組み合わせられるものが少なく、作るものが決まってるというのもあると思います。

 

大きくなってきて手先が器用になると広がりが少ないものは、子供が飽きる傾向にあるように思います。

 

また、先に記載したように、アンパンマンは4歳くらいになると卒業していく子がおおめ、

我が家も2歳の時はアンパンマンブームがピークでしたが、少しずつお姫様だったりほかのキャラクターに移行しているのも見られます。

 

というので長くおもちゃを使わせたい我が家としては他のブロックと悩んで躊躇していたんです。

ブロック選びに悩むこと2ヶ月近く。

相変わらずものを選ぶのに時間がかかってますが・・・。

 

で、色々見た結果、2歳の子供にはイマイチかもしれないけれど結局アンパンマンブロックではなく、他のブロックを購入することに。

そう、レゴデュプロという最近出たレゴの新しいシリーズのレゴデュプロいろいろアイディアボックスを購入したんです。

 

楽天ではレゴデュプロいろいろアイディアボックスはこちら 

 

 

こちらもamazonの方がお安め

 

 

このレゴデュプロいろいろアイディアボックスは、ブロックの数が豊富に入っていて、さらにレゴデュプロは子供の想像力次第でいろいろな形に変化させられるので、大きくなってもしっかり遊べます。

 

 

実際我が家の子供も4歳ですが、レゴデュプロを主にして自分で想像して作って、遊んでいます。

 

3:レゴデュプロと互換性のあるアンパンマンブロック

レゴデュプロとブロックラボのアンパンマンを組み合わせて遊ぶ

私は当初、レゴデュプロがアンパンマンブロックに互換性があって組み合わせられるというのは知りませんでした。

しかし上記の理由から、レゴデュプロのいろいろアイデアボックスを買ってみてびっくり。

 

レゴブロックのデュプロシリーズとアンパンマンブロックは互換性があって組み合わせできたんです。

こんな感じに。

アンパンマンブロック

模様が付いているものはブロックラボのアンパンマンのブロック。

それ以外はレゴのデュプロシリーズです。

 

こんな風に、普通にレゴのデュプロシリーズとブロックラボのアンパンマンブロックは互換性があるので組み合わせて遊べるんです

 

レゴはブロックとしては老舗なのもあって、レゴデュプロシリーズもたくさんあります。

というか昔からあるレゴのシリーズも今は本当にディズニーやマリオなど色々あって種類が豊富なんですね。

レゴデュプロでもディズニーシリーズがたくさんあります。

 

後ほど紹介するアナ雪だったり、プリンセスものだったりミッキーだったりもレゴデュプロで揃うんです。

 

当時はとても悩みました。

悩み 疑問

結局2歳でまだ初めてのブロックで興味がどこまであるかが未知数なので

コスパの良さと形が決まりすぎていないレゴデュプロ のブロック

のシンプルなもので遊んで想像力を働かせる癖をつけてもらおうとレゴデュプロのアイディアボックスにしたのが大正解でした!!

 

レゴの商品ではもちろんアンパンマンのブロック、人形はないわけで。

子供はアンパンマンが好き。

好きなものからの広がりは当然早い。

でもやっぱりブロックはレゴが老舗だけあってデュプロも当然、数や商品アイディアが豊富。

レゴのデュプロを使わせたいがアンパンマンのブロックの方が子供が食いつきがいい

というこのジレンマ

大げさ?
でも私は2ヶ月近くそれで悩んでました笑

これらを見事に解決!!

病気 安心

レゴデュプロとブロックラボのアンパンマンブロックを組み合わせて遊べれば、レゴのデュプロの他のディズニーのブロックや電車などとも遊びは広がります。

 

実際、我が家の子供は2歳までではアンパンマンブロックとレゴデュプロの組み合わせで遊び、その後3歳くらいからはディズニープリンセスなどでレゴデュプロを基本として遊んでいます。

ブロックラボのアンパンマンブロックとレゴのデュプロ、どっちがどっちに互換性を持たせたのかは知りませんが親としてはとても助かりました。

 

4:レゴデュプロおすすめは?実際によく使うレゴデュプロは

レゴのデュプロ の中でおすすめのものは

先ほど記載したように、我が家ではブロックラボのアンパンマンブロックとレゴのデュプロを組み合わせて、アンパンマンのお家やミッキーの船などを一緒に作ったりしながら遊んでました。

最近ではアンパンマンの登場頻度も少なくなってきていますが、まだ時折出てきます。

レゴのデュプロだといろいろあるから逆にその分他のブロックと組み合わせて遊びを広げていくことはできる!わけで。

今では興味があるレゴデュプロの電車シリーズもお気に入り。

 

レゴデュプロの電車シリーズはアプリと連動させて遊べるのでプログラミング的な要素やラジコンのような感じで大人も一緒に楽しめちゃいます。

 

レゴデュプロの電車はキミが車掌さん!おしてGO機関車デラックスが基本です。

 

楽天市場ではこちら

 

 

amazonではセットなども

このレゴデュプロの電車シリーズは金額的にも量的にも大物ですが、クリスマスや誕生日などのプレゼントにはもってこいの商品だと思います。


その他トラック
シャベルカーのレゴデュプロシリーズだったり

 

amazonではこちら

 

レゴデュプロ のディズニーシリーズでは定番のミッキーミニーの船シリーズだったりも我が家で利用しています。

 

 

レゴデュプロで使えるミッキーとミニーもついています。

 

このレゴデュプロのミッキーの船はお風呂や水遊びでも遊べるのでおすすめです。

 

そのほか、ディズニーのプリンセス物の定番、アナ雪のレゴデュプロのブロックだったりも利用しています。

 

 

アナ雪は毎日夜遊ぶくらい大好きなレゴデュプロシリーズです。

レゴデュプロのアナ雪は小さいものもあるのでこちらのもので子供が好きかを試すのもアリだと思います。

 

アナ雪は、エルサとオラフのティーパーティーの小さめのものも。

 

 

本当にレゴデュプロはディズニーシリーズもたくさんあります。

これらを組み合わせると町もできるし、アナ雪の物語も再現できたりして遊びが広がります。

男の子だとディズニーのトイストーリーなどもレゴデュプロでは出ています。

 

 

レゴデュプロのデメリットがあるとしたら通常ブロックがたくさんついているものもあるので物が増えがち。

なので我が家ではレゴデュプロの動物園の動物などはメルカリで購入して組み合わせるなどの対応をしています。

 

そんな風に色々少しずつブロックを揃えて遊べるのも、子供の興味が続くように思います。

いつまでこのおもちゃで遊べるのか気になるところですが、

疑問

大人が遊んでも楽しめるので小学生上がるまでは(きっと二年生くらいまではこれでいけそうな気がするくらい)レゴのデュプロ で楽しめそうです。

5:アンパンマンブロックとデュプロの組み合わせのまとめ

ブロックラボのアンパンマンブロックを少しとデュプロで

いかがだったでしょうか。

ブロックラボのアンパンマンブロックは我が家では2歳くらいから。

初めてはアンパンマンブロックで、途中からはレゴデュプロで遊ぶのがおすすめの遊び方です。

また、レゴデュプロは毎年いろいろなものが少しずつ出ているのでそれらを組み合わせながら遊ぶならあきもこずに長く遊べると思います。

 

ぜひ悩んでいる方がいたら、アンパンマンブロックと互換性のあるレゴデュプロで遊ぶことをおすすめします。

 

 

そのほか子育てブログの人気記事はこちら
我が家で利用した幼児教育教材レビュー

コロナ禍で遊びに行けない時の家での遊びまとめ(幼児〜小学校低学年)

 

参加中です。
よかったら下記をポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

homeへ戻る