買い物リスト

 

100円ショップ、節約好きな方は好きな人が多いですよね。
かくいう私も大好きですが、最近はさほど買わなくもなってきています。
物欲が限られたところでしか発生しなくなってきているというのもありますが、よくよく見直して考えて購入しているというのも事実。


それはこのブログでも記事になっている

半自給自足につながるサステナブルな暮らし

 

サステナブルな暮らし

を目指しているからもあります。
やはり

できるだけものを使い捨てしない、大切にする

そういう生活が大切だと思うから。


でもそうは言っても、節約もしないと結局のところ、環境なんてそっちのけで生きるのが大変になってしまう。


というわけで今回はそんな私の100円ショップで買うもの買わないものについてお話ししたいと思います。

 

 

 

節約マニアの100円ショップの捉え方

 

 

そもそも本当の節約好きは

100円ショップにもあまり近寄らない

のではないかと思っている節約マニアの私です。
心地よい暮らしを目指すのも同様で、行くとついつい余計なものを購入してしまったりするので基本的には近寄らない様にするのが一番かなと思っています。


というのも私もそうなのですが楽しくなるので欲しくなるというのは普通ですよね。

便利なものも可愛いものもいっぱいあって、それが安ければ欲しくなるっていのは

結構普通の感覚。


かくいう私も若い頃はかなり100円ショップで買い物をしていました。
買い物感覚や金銭感覚もある意味、使ってみてみについていくというのもとてもあると思っています。


私も無駄遣いになったなあという使い方をしてようやく身についた

100円ショップでの買い物の仕方

だったりはします。


まあ最近は物欲も減ってきているので、行ってもあまり買わないで買ってくるということが多いのが実情ですが。

 

余計なお金を使いそう、余計なものを手に入れそうそういう場所には近寄らない。
正しくは目的なく近寄らないというのが一番の節約。

よく、レジャーでショッピングモールなどには近寄らないほうがいいという話を節約の記事などで見かけますがあれと一緒です。

 

じゃあどういうもの100円ショップで購入しているのか

主に分けて以下になります。

 

1全く同じメーカーものが安く購入できるもの

2メーカーが必要ない生活必需消耗品

3ほぼ他と品質が変わらなく安いもの

4試しに使うアウトドア用品、防災用品

 

 

どういうものなのか細かくみていきたいと思います。

 

節約 心地よい暮らし

基本は安物買いの銭失いに気をつける

 

私が考える100円ショップでの買い物についての気をつけ方は基本は

安物買いの何とやら

に気をつけている感じです。
それは節約にもなりますが、後から使わなくなる様な無駄なものを家に入れないことにもつながります。

細かくみていってみましょう。

 

1全く同じメーカーものが安く購入できる時

ダイソーは大手さんであることもあって最近はメーカーさんのものが安く手に入ることも。

全く同じメーカーのもの、例えば文房具で言うと最近ではゼブラさんの商品などが100円ショップダイソーなどで売られています。
その他、ニチバンさんのセロテープなども巻き数が少し少なめに感じはしますがあったり、トンボ鉛筆さんのスティックのりもダイソーではあります。

たくさんあってもあまり使わず結局劣化してしまったりするので我が家はこの辺はダイソーで購入しています。

 

 

まとめ買いをして送料無料にするならば楽天さんでもお安く購入できたりはしますね^^

 

 

 

2メーカーが必要ない生活必需消耗品

 

メーカが必要ない生活必需消耗品。
我が家ではできるだけサステナブルな生活を目指しているので消耗品と言うのを減らす様努力しています。

とはいえどどうしても外せないのがあるのも事実。
例えば、保育園で持っていかなければいけない、ビニール袋。

単価が明らかに100円ショップで購入する方がお得なので主にダイソーで購入しています。

あとはスポンジ類。
ものによってはホームセンターの方がお安い時もありますがその辺はその時買い物で行ったほうで購入しています。

 

あとは必需品とは少し違いますが、消耗品でいうと子供のキャラクターの塗り絵や折り紙やシールなどは100円ショップで購入することが多いです。
最近はセリアでもダイソーでもアンパンマンやディズニーの塗り絵などがあるのでこの辺はとても重宝しています。

 

 

 

3ほぼ他と品質が変わらなく安いもの

自身で100円ショップのものの品質テストをしているわけではないので確実とはいえませんが、何回か使ってみてまああまり変わらないだろうなあと言うもの、そういうものは100円ショップで購入しています。
我が家でいうと、手芸用品が多いです。


ちなみに糸は明らかに違うのでほとんど購入はしませんが

(特に100円ショップのミシン糸はよく切れるのでストレスがたまり、2度と買わなくなりました。苦笑)

長く使っても保育園卒業までという子供用に作らなくてはいけないグッズ類の布やボタンや紐などはダイソーなどで多く揃えています。
セリアでいうと結構レアな手芸やハンドメイド用品は多くもちろん100円なのでお手軽です。

あとは、園芸グッズ。
ブリキものなどは品質は大きく変わらない様に感じていておしゃれなものは他で購入すると高額なのでそう言ったものはダイソーやセリアが多いです。

 

 

 

4試しに使うアウトドア用品、防災用品

我が家ではアウトドアは初心者なので、今後も絶対使うかわからないもの、例えばステンレス箸など少し高めなものの似たようなグッズは100円ショップで揃えています。
それは高めのものを購入してもずっと使うかわからないということもあったりします。
ただものを大切にするという観点から、何かにその後も使えそうなものだったりをできるだけ購入する様にしています。

 

ダイソーやセリアのアウトドア用品のレビューはこちら

ダイソーなど100円ショップのBBQ商品レビュー(アルミ風よけほか)

ダイソーの燻製アウトドア商品レビュー

 

また定期的に入れ替えが必要な防災グッズもある程度100円ショップで揃えています。

 

100均で揃う防災グッズについてはこちら

100均を含めて揃えた我が家の防災グッズ

 

 

 

逆に100円ショップで買わない様にしているもの

 

先ほどミシン糸は買わない様にしていると記載しましたが明らかに我が家で買わない様にしているものがいくつかあります。

意外に思われるかもしれませんが

収納用品。

これは買う時もだいぶ注意して購入しています。

 

一時私も収納用品といえば100円ショップで購入していましたが

 

見えないところに使う

or

100円ショップとは思えないもので今後も使えそうなもの

 

しか購入しなくなりました。
これは若い頃購入して再利用してきてはいるものの、好きになれないものが多かったことが関係しています。
しかし安かったからと言って、捨て難い性格の私にとって負の持ち物になり人に譲ってなんとか難を経ましたが

大袈裟?でもいらなけど捨てられない物が多いのはとても我が家にとっては苦痛。

安物買いのなんたらはまさにこのこと!?

 

また食器は誰よりも自分がどこのものかを知っているので20代後半から100円ショップのものは購入しなくなりました。
食器もなかなか割れないので入れ替えにとても苦労しました。

 

ちなみに子供用品はすぐ使わなくなったりするので時折購入していますが基本的に日本製のものだけを使う様にしています。
それは安全面というところから考えた結果です。

 

こんな風に私自身もいろいろ無駄使いを経験して、年取って、心地よい暮らしを目指す様になりました。

そして今の形態は

自分や他者にとって心地よい暮らしを考えた結果

です。

自分にとっての心地よい暮らしはやっぱり見えるところ(できたらたまに見るところも)に使うものはお気に入りのもので暮らしたいなとなったわけです。

物が安く手に入りはしますがそれがたくさんになれば当然ちりつもになっていくわけで。
考えて少し高めでも購入したものはやっぱり思入れもあるので長く使います。
(私の場合捨てるのが得意ではないので、なんでも長くは使うのですが)


少しずつでもいろいろ考えていきたいですよね。


どなたかの参考になりましたら

 

 

 

 

よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村