家計 心地よい暮らし

1:節約が好きで20年の私が行き着いた家計管理方法

簡単な家計管理方法とは

節約するにもまず家計管理は大切です。
節約マニアと自他共に認めてやまない(!?)私が行う我が家の家計管理方法。
よく一家に一人いるといいよねーと言われます。
(未販売です。w)
そんな私も急にこの方法に行き着いたわけではありません。

家計簿をつけてみたこともあったし

続かない

1週間の値段を決めてやったこともあったし

ズボラ過ぎてその期間に合わせられない

まあその他色々。
節約マニアなので世の中に情報として出回っていることはほとんど試しています!笑
半分趣味みたいなもんで。
なんでしょうね。
楽しいんですよねえ・・そういう記事を読んで良さそうなの試すの。

そんな迷子気味だった私の家計管理は現在こちらで落ち着いています。
現在というのはこれ以上いいものができたら変わるから・・
でも

我が家では今の所こちらが最強

です。

それは1ヶ月のお金を項目ごとに分けて入れておくこと!

中にファイルが入っていて とり外して持って行けるタイプ。
これに分けて入れる方法です。

一切、家計簿はつけていません。

それでも家計は守れています。
簡単で便利な家計管理だと思います。
こちらの商品は以前の付録です。

実は今まではジプロックに入れて、それをきちんとした袋に入れていたんですがなんとなく貧祖でして。

(そりゃそうだ)

ただでも

気持ちが貧乏くさくなりがちな節約

(私だけ?)

そんな気持ちをアップさせるためそして時折交換しないといけない劣化問題でこちらの方法にしました。
こちらよく最近色々な付録などで見かけるかと思うのですが無印良品で販売されているファイルが利用でき、足すことができます!
ちなみに100均一も最近セリアでは少し見かけますが量と値段を比べると今の所無印勝ちです。
(どこまで言っても節約マニア笑)

無印のものを足して可愛いもので節約できるとダウンがちになる気分も上がります。
ただでも憂鬱になりがちな、やりくりや、節約を助けてくれます( ̄∇ ̄)

ここ大切!!

 

いや本当に。
楽しんで節約するというのは大切だと思っています。
片付けや整理、掃除、節約そういうものは好きでない限り楽しんだ方が続きます!

 

楽天ではこちらで取り扱いがあります。
無印のものを使えるかはちょっとわかりませんが

 

ちなみに無印では本体は無地のものが売ってます。
シンプルなものがいいという方はそちらを。。

 

2:実際にどのように生活費を分けるのか

簡単に生活費を管理する分け方

家ごもり

我が家はこれを

 

・夫小遣い

(自分で管理すると使いすぎるという本人報告のため)

・食費と日用品費

・交際費

・医療費

・車費(ガソリン代)

・子供費

に分類して家計管理しています。
使う際にお金を抜き取り、レシートを入れるだけ。
ただ実際にお金が入っている額が今月使える額なので一眼で使いすぎなのかがわかります。

 

この家計管理方法。
我が家では実は運用がだいぶフレキシブルです。
まさに

やりくり

って感じです( ̄∇ ̄)

 

私自身が独身の時もそんな感じでやっているので慣れているのもあるのですが

食費と日用品費は死守します

ただでも少ないので(^_^;)

交際費と医療費は生活費の補填に回ったりします。
というのも医療費は月末に近づけば使うか使わないかがわかる、いわば

予備費。

 

交際費も基本的に家族で遊びに行ったり外食する際に使うものなのでその月がピンチの時はお出かけをできるだけ控え節約し、生活費に回します。
まあなので

月末はイベント的な遊びが入れやすいです

 

こういった節約方法、やりくりは他のおうちでもあるのかなあと思うのですが
さらに我が家ではそれを

3ヶ月単位

くらいで考えたりします。
この辺はズボラであるがゆえな感じです。

 



 

 

3:長めのスパンで生活費の調整を考える

ストレスを減らす方法で行う

どういうことかというとどうしても使いすぎた月は3ヶ月で補う。

どうしたってそういう月ってあったりしますよね。
不幸が続いたりイベントが続いたりと。
でもそれが3ヶ月連続というのは滅多にないんです。
15年以上続けても私はそうでした。
なので本当にたまーにあるくらい。

なのでそれを

3ヶ月で補います。

もちろん年間費は別途考えて取ってありますが。

 

でもおそらく意識していないだけでそういう風に節約されているお家ってあると思うんです。
だったらそれを

形式化

してしまうことで気を楽にするというか・・。
決めないでやっているとどうしようと焦るし、ストレスになります。
節約を色々して来て思うのは

ストレスになると節約は続かない

ついつい余計なものを買ったりその方法が面倒になって来て辞めることになってしまう。
さらにいうならば家族にもなんだか節約モードを押し付けて若干険悪なムードになったりもします。

それを避けるがゆえの

形式化

です。
家族も実際に入っていないのが見えればある程度納得できますし、自分が一番納得できます。
意外に効果があります。
しっかり1ヶ月ごとで行うことができるこまめな方ならそれで問題ないと思います。
ようは自分がストレスなく節約、家計管理ができるということが大切です。
節約などは続かなければ意味がないので、自分にとってどうすればハードルが下がるのか運用できるのかを探ってそれを形式化する、決めてしまうことをお勧めします。

 

4:節約をするためのコツとは

家計管理の自分なりの方法を掴むために

 

節約

時折どうしたらたまるの?

どうやって節約してるの?

やりくりどうしてるの?

って聞かれますが節約をしていて思うにですね。

方法にとらわれすぎない

ことは大切だと思います。

最近色々なことで感じるのですが

そもそも目的はなんなのか

を見失わないようにしないと案外人は見失いがちになります。
目的は節約ですよね。
わかりやすい例でいうと、

テストの点数を取るために(ためにと思って)ノートを綺麗に書くことに、方法にとらわれるパターン。
私自身、ノート綺麗に書くの大好きなので割とここにはまりがちなのですが
綺麗に書いたノートを見て満足してしまうっていう。
学生時代によくやりがちなあれ。
まあ勉強においてはそれで頭に多少入ったりはしますがでもそれで点数取れればいいけれど

取れないならばそこに意味はない

ですよね

家計簿がつけることでうまくいくならそれが自分にはあってる方法なんでしょうし
節約だって貯金だって

人それぞれに合う方法はある

と思うんです。
私だって色々試してここに行き着いているわけです。
要は

お金がたまればいい。
年間で貯まってればいい

わけですよね。
目的は

貯めることであって貯める方法ではない

ですよね。
ここが2年とか3年とかになってくるとまただいぶスパンが長すぎてコツが必要で大変かと思いますが帳尻を合わせるというのも大切だなと思います。

そしてそういう運用は自分も家族もそんなに苦しみません。

疲れない節約、疲れない家計管理。

ずっとやらなければいけないので

自分に合った方法でストレスなく行う

のは大切です。
我が家は世帯収入はさほど多くないですが年間100万は貯蓄してます。( ̄∇ ̄)
そもそも私が若かった頃18万くらいの給料で一人暮らしで毎月4、5万貯めてました。アハ (・∀・)

そこから生活レベルをさほどあげていません。
でもこれもそんな感じで平均するとってだけで3万の月もあれば6万の月もありというので貯めていたもの。
そして運用をして少しずつ増やしています。
でもそれも

無理のない範囲で少しずつ

です。

まあ、もともとザッパな性格なのでそこから来ているのもあると思いますが(^_^;)

生活は習慣なので今から習慣づければ後が楽です。

工夫も楽しみながらですね

 

我が家の家計管理、節約方法

どなたかの参考になれば

 

 

 

 

よかったらこちらも

良かったらご協力お願いします。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村