心地よい暮らし 自給自足
最近

半自給自足生活

に対してようやく本腰を入れて始めた我が家。
すっごい今更感。(´;ω;`)

環境問題やその他ボランティア活動を始めたのが大学生になってから。
もう23年くらい前です。
それなのに今まで本腰を入れてエコな生活はして来ませんでした。
今回はその理由を掘り下げながらプチ田舎

半自給自足生活はできるのかできないのか

考えてみたいと思います。

1:半自給自足が心地よい暮らし?

私が半自給自足を目指したわけ

そもそも

私が半自給自足生活を目指し始めた

のはエコな生活、心地よい暮らしを追求しはじめたから。
それは大きくは

プチ田舎暮らしをする様になった

というのもきっかけです。

 

プチ田舎のメリットデメリットについてのブログはこちら

暮らしてわかるプチ田舎暮らしのメリット・デメリット

 

 

今まで

自給自足はもちろん、エコな生活をして来なかった

と言っても、

もちろん学生時代からエコバックも水筒も使っていたし、できるだけ利用もしていたけれど、忙しい時はビニール袋ももらってたしキッチンの生ゴミはそれに入れてました。
家庭菜園も趣味で行う程度。
そんなゆるーい感じが私の過去の状態。

今、自分の定規で自分を図ると真面目に取り組んでなかったなと、思うくらいの

反省は山のように出てくる

感じ・・・。(汗
でもそれだけ余裕がなかったというのもあります。
気持ち的にもそうですが、お金的にも。
私自身は10代で家を出て自活していたので、

(時折親が援助してくれていましたが基本毒親気味なので仲が悪いのもあり実家に近寄らないというのが基本ベースでした(ー ー;))

生活するのに精一杯だった部分もあり、そこにボランティアも行っていたのでなんというか、自分の生活までは見直して来なかった、半自給自足というより自立の方が先だったというのがあります。

自給自足も、(半自給自足であっても)エコも余裕がないとできない

んですよね。
でも、人生半分くらい来て、
金銭的にも余裕が(とてもあるわけではないけれど)
多少はあって、
生きて行く目処がついている(これはとても大きい)
中で自分の心地よさというものを追求した時に行き着いたところがありました。

それは私にとっての心地よさは、私ができる範囲で

環境に優しい生活ができる=消費ばかりする生活ではない
=少しでも自給自足が目指せる=半自給自足生活ができる

ということ。

このできる範囲で、「半」自給自足っていうのが曲者ではあるし甘えかなとも思うのですが

でも私だけかもしれませんが、環境負荷の前に

「自分の負荷」

「家族の負荷」

が高いと続かないと思ったりはしているのでその少しゆるい感じが私の心地よさにはなります。

人によってきっと心地よさというのは違うと思うのですが・・
私は家が整理されるだけでは満足できなくて。
(というほどまだ整理も終わってないのですが)
かといって厳しくはできないけれど、安心して暮らせてみんなにできるだけ優しいってところが私にとっての

心地よさ

だなと思ったんです。

そんなわけで

心地よさを追求した結果

というのも半自給自足を真面目に取り組もうと思った理由でもあります。

 

2:半自給自足やエコ生活があまりできなかったもう一つの理由

今まで難しかった半自給自足とエコ生活ができたワケ

 

心地よい暮らし 環境問題

 

自分が環境問題に取り組み始めた時に

半自給自足もエコ生活もそれほど進まなかった

のは、その頃はまだ情報も少なかったというのもまた1つの要因です。
インターネットも今ほど発達しておらず身近でなく、例えばコンポスト1つとってもそう。あまり売ってもいないし自作でやるにはどうすれば失敗ないかも今みたいに調べられない。

でも逆に言えば今は色々な情報がインターネットを調べればわかるので、

エコ生活も半自給自足も自分次第

なところがあります。
そう思うと便利な世の中になったなあと思います。

ただ、いまだに解決していないことも実は自分の中ではあったりします。
それは環境問題を大学で専門で私が学んだ時に吐き気がした様な話。
それは

環境負荷の計算

 

計算が難しい

といえば一言なのだけれど、計算式とかそういうことではなくて、

ここに環境問題の難しさがあると

思ったんです。

そもそも、例えば

今プラスチック製の袋の配布がなくなっています。

が代変商品の配布も、

プラ製の負荷の低い、要はバージン材で作られていなければ意味がないし、

そうであった場合、計算は割と簡単だけれど、ここも業者任せなだけで本来のものと計算して意味がないわけです。

この計算が難しい。。

それは単にその材料だけではなくて、その工程に関わる、

「生産機械」

細かくいえば そのものを運ぶ自動車や輸送機械の排気まで計算しなければ本当の意味での環境負荷はわからないんです。

つまり交換して、じゃあこれで大丈夫ですというのはなかなかいいづらい。
今まで海外で作っていたバージンプラ袋を再生プラで日本で作っていればまあ環境負荷は下がるかなあ
という感じだろうなっていう・・。
(さらに面倒なのは破棄の段階で、海外に輸出して環境汚染を起こしたりするので、ものっていうのは作られるところから出るところまで丁寧に考えないと何が優しいかはわかりにくいのです・・)

で、さらに当時うわーと思ったのは

これを紙に置き換えればいい

という問題ではない。

悩み

皆さんご存知の様に紙は木材でできており、プラは石油。
木材は木なのでCO2を吸収します。

資源だけで考えてもどちらが大切かとかは決められないわけで・・

さらに生産過程から、処分の段階、再生まで考えると非常にややこしくなってきて真剣に考えると何をどう使うのがいいのかわからなくなってきて生活が止まる・・
と言うのが当時の私。
それで細かく考えるのをやめてしまった。

思考の停止

です。

自然のことを考えれば思考停止するべきではないんですがね。
これについては未だに難しさは本当に変わりません。
多少情報が得やすくなった分、計算、予想はしやすくはなっていますが例えば、プラスチックについて言えば一概に、良くないともいえないとも思っています。

例えば我が家では子供が小さいのでガラス製品だとよく割ります。
そうするとそのたびにそれはリサイクルできるとはいえど、一旦燃やしてとかして。。というような二酸化炭素が生まれます。
もっといえばそれを回収しにくる車があって、それを製品にする過程があってその製品を市場に出す過程があって・・・と。
であるならば、プラスチックを利用したり割れにくいものを長く利用する方がいいかもしれないということも考えたりします。

相変わらず考え出すとここのループは抜け出しません。
でも、必要以上に物を消費しない、長く使うということでその辺の折り合いは多少つくかなと思っています。

おもちゃもそう。
木のものなども与えていますが、私の幼少期のプラのおもちゃは子供に引き継がれ、未だに使っています。
そういうものであればいいのかもしれないと思うのです。

適切な量を長く大切に使う

当たり前なのだけれど、これが大切なのかなと思っています。

 

3:自給自足は田舎で可能なのか

田舎であれば自給自足はできるのか

心地よい暮らし 情報量

結論から言うと自給自足は

昔より可能

だと思っています。
特に半自給自足、半分くらいならいけるかなと言う風に思っています。
田舎の方が土地があって、っていうイメージではありますががっつり田舎まで行かなくてもプチ田舎で十分可能だし、当然都会よりは土地が多いので行いやすいです。
我が家はプチ田舎ですが

我が家のプチ田舎具合についてはこちら

暮らしてわかるプチ田舎暮らしのメリット・デメリット

 

逆にホームセンターなどが身近にあるプチ田舎の方が自給自足は取り組みやすいとも言えます。

 

我が家で現在行っている

半自給自足の部分

・野菜などを作る。
・太陽光発電を行う。(常時設置ではないものです)

 

家庭菜園についてのブログはこちら

家庭菜園で作りやすい野菜を考える

 

太陽光パネルや蓄電池の細かいレビューなどのお話はこちらブログで

半自給自足の基本、プチ発電を支える我が家の太陽光パネルについて

 

この2つですが情報がネット上にも多少あるので、取り掛かれました。
野菜作りはプチ田舎ならではで家に庭が裏にも表にもあるのでわざわざ畑を借りなくてもできます。エコな暮らしの部分で言えば半自給自足とは少し違いますが

・庭に植える簡単コンポスト
・使い捨てプレの廃止

になりますがこの辺もなんとなくできているかなあというところ。
エコな問題で一見、自給自足とは違う様に思えますが消費量が減ると言うことは現金の持ち出しが減りますので自給自足への近道ではあります。

そう、半自給自足とエコな暮らしをガッツリするために真剣に考えると行き着くところは

「消費を小さくする」

ことになるんですがこれも少々難しくて経済活動が小さくなるという問題があります。
具体的に困ることを言えばお金の収入が減るというところですね。
動物や地球も生きているが私たちも生きている。
さらに面倒なことに貨幣というものがあるのでムズカシイ。

この辺も都会よりは田舎の方が支出面が安く済むので実現しやすいかなと。

ただ、環境問題の大きな対応は20年前とさほど変わってないと思うのですが、

都会であっても家庭レベルで環境に配慮したもので気軽に手に入れられるもの

はここ数年でとても増えたと思います。

 

我が家が実際に使っている環境に優しいものなどはこちらの記事を

半自給自足につながるサステナブルな暮らし

例えば我が家での脱使い捨てプラについて関して言えば、代わりにできる手軽に手に入る自然由来のものも増え、それを手に入れられる機会も情報量が増えた事で増えました。
さらに最近経済活動は個人レベルでは小さくできるようになってきていると思います。

 

今回のコロナとインターネットの普及で仕事の仕方も変わり皆さんもその辺は感じているのではないでしょうか?

私自身は元々そういう働き方が主だったのでコロナで働き方はさほど見直してはないですが、周囲がそうなったことにより私も言いやすくなった、簡単になったというのも実際あります。
どこにも行かなくても仕事ができたりする。
人の移動が減れば当然、その分の

移動エネルギー

(物理でそんな言葉あったけれど・・苦笑)

は減るからとてもエコですよね。
そしてプチ田舎に引っ越してきて思ったのは経済活動が少なくなると要は今の価値で必要なお金が減るので難しいなと感じていた部分が

作物を育てるというところでも少し変換できるから経済活動は少なくできるなあと思っています。

いかがでしょうか。

我が家ではそれで、そこまで行けるなら電気も太陽パネルを使おうと思ったりして最近実験中ってところなのです。
ま、まだまだ実験中なのでどこまで行けるかはわかりませんが。

でも最近、その発電をする関係と作物を作る関係でがっつり太陽と相談するのでそういう生活は好きだなあと思うのです。天気予報はもちろん、空をよく見るから。
そして大地も。
すごく健康的だなあって。

そんな風に好きだなあと思えれば続くかなと思う今日この頃です。

今日も発電、めっちゃしてます

心地よい暮らし

すすみます。

参加しています。
よかったらポチッとしていただけると^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

homeへ戻る