クレジットカード

ポイントがよく貯まるお得なカードとしてよく聞く楽天カード。
楽天カードの一番のメリットはポイントが非常に貯めやすいことです。
楽天市場だけではなく、加盟店が多くコンビニなどでもポイントが貯めらるからです。
私はファミリーマートでよく貯めたり、マクドナルドで利用したり、ビックカメラなどでも利用しています。
最近では東急百貨店でも使えるんだとびっくりしたくらい。
楽天カードは加盟店が本当に多いので貯めやすくお得でおすすめです。

さらに年会費が永年無料の楽天カードでも、ポイント還元率が1%というのもメリットです。
多くのクレジットカードの平均還元率が0.5%前後であることを考えると、楽天カードは高還元率カードでお得だといえます。
楽天ゴールドカードの楽天市場や楽天ブックスでの利用の際の特典ポイントが+4倍から+2倍へと変更され、楽天ゴールドカードは旨味が減りましたが(2021年1月14日)そうはいっても、わたしは普通の楽天カードでも十分にメリットがあると思います。
(楽天ゴールドカードである必要はないと思いますが・・)

今回は楽天カード(というか楽天市場)ヘビーユーザーの私がどのように楽天カードでポイントを貯めているのかおすすめのお得な使い方から、年会費が1,1000円の楽天プレミアムカードは本当にお得なのかレビューをご紹介したいと思います。

1:楽天カードの締め日と引き落とし日は?

楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にするとポイントがお得に。

楽天カードの締め日は月末、引き落としは翌月27日です。
引き落とし日が金融機関が休業日の場合は翌営業日になっています。
支払い方法は、口座振替となります。

この楽天カードの引き落とし先は楽天銀行にするのがおすすめです。
というのも、楽天市場で、楽天銀行を引き落とし先にしている楽天カードを使って買い物をすると、ポイントがさらに+1倍されるからです。
さらに楽天銀行で、楽天カードの引き落としがあると金利がアップする特典があったり、楽天銀行を開設し、引き落とし口座に設定することでポイントがもらえるキャンペーンなどもあるので初めて楽天カードを利用する人や楽天銀行を使うという方は利用をおすすめします。

 

2:楽天市場でお得にポイントを貯める楽天カードの使い方

楽天マラソンで5と0のつく日でさらにお得に

カード 心地よい暮らし

 

楽天市場で上手にポイントを貯めるには

一番ためやすいのは楽天市場で行われる楽天マラソンです。
楽天スーパーセールは年4回程度に対し、楽天マラソンはほぼ毎月行われているからです。
楽天マラソンのベースは1000円以上の買い物をしたショップ数に応じてポイントが最大10倍までもらえる「ショップの買い回りでポイント最大10倍キャンペーン」を行うというもの。
それ以外に開催開始日や開催終了間近にお得に買い物ができたりもしますが、この、楽天マラソンで

5と0のつく日にお買い物をするのが楽天カードユーザーにはとてもお得

でおすすめです。
それは

楽天カードユーザーは楽天市場で5と0のつく日に買い物をすると、もらえる楽天ポイントが+5倍

になるからです。
ただ、注意が必要で

ポイントアップの適用にはキャンペーンへのエントリーが必須

なので買い物をする際には忘れずにエントリーするようにしましょう。
また各キャンペーンで貯まるポイントは、通常ポイントではなく<期間限定ポイント>のため注意が必要です。
楽天カードのポイントは翌月15日、楽天市場での買いものには注文日の20日後に付与され、その後利用することができますが、この期間限定ポイントは付与の翌月末日には失効してしまうのです。
期間限定ポイントをゲットしたら期間内に早めに対象店舗などで使うのがおすすめです。

 

 

キャンペーンを利用してお得に

楽天カードは色々なキャンペーンを行っています。
エントリーしないとポイントがもらえないキャンペーンが多いので、エントリーを忘れないようにしましょう。楽天カードなどのアプリでキャンペーン情報を確認するのがおすすめです。

特におすすめなのが、<街でのご利用分がポイント2倍>キャンペーン。
今までずっと毎月開催されています。
このキャンペーンは楽天市場で楽天カード払いの買い物を2万円以上購入すると、街での楽天カード利用分のポイントが2倍になるというお得なもの。(上限1000ポイント)
毎月とはいかないでしょうが楽天マラソンで買い物を多くした月は、忘れずにエントリーをして、日々の買い物で還元率アップさせてお得にポイントをゲットしましょう。

ただし、このキャンペーンでいう<街でのお買い物>には、公共料金や年金、保険の支払いは含まれないため注意が必要です。また、楽天カードで決済した金額のみが対象金額で、ポイントでの支払いは対象外です。

キャンペーンには<条件>がありポイント進呈の対象外というのもあるので、これらをきちんと確認をしてポイントをお得に確実にゲットしましょう。

 

普段の買い物で楽天ポイントをお得に貯める

楽天カードは楽天市場でのお買い物だけではなく、自分が持っている対象のクレジットカードが使えるお店ならどこでも使えるのでそういったお店を確認しておいて普段から使うとポイントが貯めやすいです。
さらに楽天カード(2015年12月17日以降申し込みのカード)には「ポイントカード機能」が搭載されています。
このポイントカード機能ではポイントが使えるだけではなく、冒頭で言ったような、ファミリーマートやマクドナルドなど楽天ポイント加盟店でカード払いをした場合は、ポイントカード分とカード利用分が2倍、Wで貯まるのでかなりお得です。

3:楽天プレミアムカードはどういう人が利用するのがお得か

楽天プレミアムカードはいくら以上楽天市場で利用するのがお得か。

楽天プレミアム

楽天プレミアムカードは年会費1万1,000円(税込)が必要になります。
楽天プレミアムカードの特徴は楽天カードでは楽天市場でポイント還元率3%のものが5%になることです。(上限・条件あり)以上になることです。
楽天市場で年間36万円以上(月3万円以上)買い物をすれば、36万×0.04(楽天カードの通常還元率0.01%の4倍)=還元される楽天ポイントは1万4,400円となり、年会費以上の得が見込めます。
しかし、注意が必要で、普通の楽天カードで30万円利用すると9000ポイント、プレミアムカードで年会費を引いた4000ポイント獲得できる状態で、これがプレミアムカードでひっくり返るのが55万円以上利用した場合なので楽天市場で55万以上利用しない限りは普通のカードよりポイント面では特にはなりにくいといえます。
ただ、優待サービスがあり、ポイントの優待サービスを選ぶと毎週火曜日と木曜日はポイントが6倍となるのでこの火曜と木曜日で0と5のつく日を選んで購入などすればお得に利用はできます。
また、海外・国内旅行保険が自動付帯や国内外の空港のラウンジが利用できるプライオリティパスがついているので旅行をよくする人にはお得なカードです。
自分の利用に応じてポイントと合わせてどちらがお得かを判断するのがいいと思います。

4:楽天カードを使う際のデメリットや注意点とは

公共料金の支払いや、リボ払いには注意が必要

楽天カードの還元率は基本的に1%ですが、公共料金の支払いなどは例外です。
公共料金のポイント還元率が2021年6月より見直され、500円につき1ポイントと改定されました。
改定後の還元率は0.2%と低めです。
公共料金だけでなく、税金や、国民年金保険料なども対象なので、これらの支払いは還元率の高いほかのカードを使うのもいいかもしれません。

また、楽天カードの新規入会時や随時「リボ払い」への変更のポイントが進呈されるキャンペーンがあります。
一見お得に見えるのでポイント欲しさに「リボ払い」に登録したくなるかもしれませんが注意が必要です。
リボ払いは、回数や利用金額に関係なく毎月の支払いがほぼ一定額にしていく方法ですが当然、返済時は毎回手数料、利息がプラスされます。
この仕組みをよく理解した上で利用しないとポイントどころではなくなります。

また、楽天市場などを利用するとメールが頻繁に届くようになりこれをデメリットと感じる人がいるようです。
これはショッピングをしたとき注文確認画面の下の「メールマガジン登録」「お気に入りショップ登録」という設定でお知らせを受け取る状態になっているから。
「お知らせを受け取る」のチェックを解除すればメールが届かなくなります。
買い物をする際に気をつけましょう。

 

いかがだったでしょうか。
楽天カードでお得にポイ活、ポイントを貯めたいですね。

 

 




 

参加しています。
よかったらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

homeへ戻る