homepage移行中です。旧homeページはこちら。

お洒落で便利な大同電鍋メリットデメリット、電気代は?

大同電鍋
URLをコピーする
URLをコピーしました!

我が家で大同電鍋を利用し始めたのは2年ほど前からです。

我が家ではできるだけエコな暮らしを目指して、無駄な電化製品は取り入れないようにしていますがキッチンはやはりいくつか電化製品が残っています。

手放せたものは炊飯ジャーくらいでしょうか。

 
我が家は炊飯はこちらの土鍋で行っています。


○大黒ご飯鍋

それ以外はやはりあまり手放せていません。

そんな我が家が炊飯ジャーを手放せたのは大同電鍋を取り入れたおかげです。

大同電鍋は炊飯ができるからです。

そう、お洒落でできるだけ何役もこなせるものを選び抜いて使うようになってから取り入れたのが大同電鍋でした。

雑誌で取り上げられていることもある大同電鍋。

どういうものなのか、どういう人向けなのか電気代など、気になる方も多いのでは?

そんなわけで今回は大同電鍋を実際に使ってみたメリットはもちろん、デメリットについてもブログでご紹介したいと思います。

大同電鍋の購入を悩んでいる方などいましたら、大同電鍋がどこで買えるのかを始めとして、
大同電鍋のメリット、デメリットや
大同電鍋の気になる電気代
を合わせてぜひこのブログを参考にされてみてください。

 
大同電鍋のおすすめレシピブログ記事、大同電鍋で作るレシピ・海南鶏飯(ハイナンチーファン)と基本炊飯・茹で卵もあるのでぜひそちらも参考に

あわせて読みたい
大同電鍋で作るレシピ・海南鶏飯(ハイナンチーファン)と基本炊飯・茹で卵 台湾で人気の大同電鍋。 先日大同電鍋の魅力をこちらのブログ記事、お洒落で便利な大同電鍋メリットデメリット、電気代は? でお伝えしましたが、大同電鍋はほったらか...


目次

大同電鍋は蒸気で温めたり炊飯も可能

出典:amazon

台湾で60年近くも売れ続けていて、台湾の人は壊れても買い直す人がほとんどと聞くくらいの、大同電鍋。

大同電鍋イメージとしてわかりやすいのは、ガスで蒸し器を利用して料理をする際の電気バージョンのようなものです。

大同電鍋は昔の炊飯器にも似ている様に思います。

日本の公式販売店での大同電鍋のサイズは6合と10合の2種類があります。

我が家の大同電鍋は台湾製ですが、6合サイズのものを取り入れました。

4人以上の食べ盛りの子供が多い家族であれば10合サイズの大同電鍋でもいいかもしれません。

しかし、大同電鍋のサイズ感としては6合でそれこそ5合の炊飯器と同じくらいのサイズなので、大同電鍋も10合のサイズは少し大きいのかなと思います。

お値段は6合だと大同電鍋の日本公式販売店で約20000円。

10合だと約23000円です。
(少し最近値上がったようです)

ちなみに大同電鍋をどこで買えるのか結構悩む方がいるようですが、普通の家電量販店では売っていません。

ヤフーと楽天とamazonに日本公式販売店があり、公式販売店で買うのが一番お得に買えておすすめです。

 
大同電鍋 楽天市場店

また以前は大同電鍋はアルミのものが多かったのですが外釜もステンレスのものが増えており、さびの心配も減りました。

日本の大同電鍋公式店で販売しているものではオールステンレスというものもあるので新しく購入するならばステンレスの方が錆びずに安心だと思います。

 
楽天市場大同電鍋 楽天市場店でのステンレス釜
この色も可愛くて人気色です。

 

amazonの大同電鍋の公式販売店のステンレス製はこちら

大同電鍋

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる