家庭菜園 レモン

我が家では何回かブログにも書いていますが

半自給自足につながるサステナブルな暮らし

 

半自給自足の暮らしを目指して生活している関係で、小さい庭ながら家庭菜園で

いろいろな野菜を無農薬で育てる

ことに挑戦しています。
最近はようやくレモンも小さいながら実をつける様になって庭での家庭菜園もいい感じに⭐︎
と言っても割とズボラな私がやっているので、

私ができるものは多分多くの人が作りやすい野菜なはず!

ということで
庭付きのお家に引っ越してきて、まだ4年なので庭を利用した家庭菜園も始めて4年目。
ベランダでは家庭菜園をやってはいましたがやっぱり庭は少し勝手が違います。
なので試行錯誤していますがその中でも家庭菜園でもやはり育てやすいもの育てにくいものなど色々あったので今回は家庭菜園で作りやすい野菜についてのお話です。

 

1:我が家の庭事情

半自給自足を目指す我が家の庭はどれくらいの大きさなのか

 

まずは半自給自足を目指す我が家の庭がどの程度の大きさかというお話。
まあと言っても庭の部分に駐車場スペースが含まれているのでガーデニングに使えるスペースに限ってあげていきます。

玄関前

・・2畳程度。
但しほぼ普通の植物で埋まっていてさらにいうとここのスペースは5センチ程度の土がある状態

 

その時のお話はこちら。

土を敷き詰めた庭のその後

 

なのでここはイチゴなどを栽培。
イチゴは手入れが大変ではない作りやすい野菜(果物)の一つだと思います。
実がなった時とその後増えてきた時に気をつければ大丈夫。
是非家庭菜園でトライしてみてください。
来年あたり少しスナップエンドウなどを植えたいと思っています。

 

和室前

・・1.5畳程度。
ここにジュンベリーが植えられています。

ジュンベリー

季節によってその奥の本当の手前と横に野菜を育てています。
でもメダカもここにいるので本当に2つとか3つくらいの苗です。
主に、大葉やきゅうりなどが多いです。
大葉は一度植えればその後勝手にこぼれ種でできますし、きゅうりも非常に身をつけやすい作りやすい野菜だと思います。

リビング前

・・3畳程度。
比較的前の庭では広いスペースですが大きな木を植えているのもあり、野菜を育てられるのは隣の家の隣接がわと我が家の和室寄りの場所、0.5畳ずつ程度。
隣と隣接している場所はつるのものは隣の家に迷惑になるので初年度以降やめています。

駐車場のコンクリート

・・100円ショップなどの長細いプランターが5つ程度。
プランター栽培はここで行っています
それ以外はブルーベリーや普通の植物。ただこちらのスペースで苗などを発芽させています。

裏庭

・・4.5畳程度。
但しプロパンガスの出し入れや前から植えられていた中途半端に切られた柿の木(かわいそうなので復活中)などもあるので2畳程度を畑として利用。ここが割と活用できる場所なのですが前の庭より日当たりが悪いので少し手間がかかる感じ。

これらを合わせるとまあ

大体4−5畳程度で半自給自足

を目指している感じです。

 

2:家庭菜園で育てやすい野菜苗

実際に作ってみて家庭菜園で苗から作りやすい野菜とは何か

家庭菜園

家庭菜園なので難しい野菜というよりは簡単に育てられるものを育てています。
当然ではありますがよくホームセンターなどで売られている一般的な苗は家庭菜園で育てやすいと思います。

春から育てていく野菜で苗で作りやすいもの

を特に挙げるなら

トマトやきゅうりでしょうか。

我が家は1年目は出産が絡んでいたので

ほぼ何もできない感じ

だったのですがそれでもきゅうりとトマトは収穫できていました。
この2つはマンションに住んでいた頃も時折作っていました。

よくホームセンターで売られていて家庭菜園で昨年少し難しいなと思ってやめたのは

ピーマン。

かめきり虫だと思うのですが虫がどうしてもついてしまう。
もう一度今年頑張ってみてもいいかなあとも思ったのですがピーマンは安く手に入るのでコスパがイマイチだなあと思い今年はやめています。

春から育てるもので他に今年新しく庭で育てているのは、

スイカと南瓜。

あとはうまくたくさん実をつけるのが昨年はできなかった

茄子とオクラ。

あとは苗だと冬に玉ねぎを植えました。

 

3:種から育てているもの

家庭菜園で実際に育ててみて育てやすい種から育つ野菜

半自給自足は、環境問題の観点や

無農薬のものを育てたい

というところからもきていますが、それ以外にもできるだけ生きる力をつけて、普段の出費を抑える、

節約

というところも我が家ではポイントになっています。

なので

種から育てられるのは種から育てる方がいい

ということで種から育てているものもあります

春からのものだと

ニンジンや大葉。

今年初めてチャレンジしているのは

とうもろこしと枝豆。

種はまず

うまく発芽するか、

その後植え替えるものは

植え替えられるまで育てやすいか

というのが家庭菜園ではポイントになってくると思うのですがこれらは比較的植え替えまでの大きさまで簡単に育てられる様に思います。

あと本当は苗でチャレンジしたかったのですがどうしても手に入らないので今年は

へちま

を家庭菜園で種から育てています。
へちまで色々作りたいなあと思ったのがきっかけです。

越冬させるものでは

そら豆とスナップえんどう

を庭に植えました。
スナップえんどうは家庭菜園で簡単にできる野菜ですがそら豆はまめになるまでが虫の処理が

無農薬だととても難しいなあ

と感じました。

あとは冬は種芋からでいうと、じゃがいもを育てています。
ただ面白くてじゃがいもは生ゴミのじゃがいもの皮からも芽を出すんですよね。
じゃがいもは昨年は小さくて今年リベンジ中のものです。

→今年はそこそこ上手く行きました(2021年8月追記)

4:植える場所は連作にならないように。

無農薬の家庭菜園を目指すために参考にしている本

私がこれらの栽培の参考にしている本はいくつかあるのですが基本となっているのはぐうたら農法というこちらの本。

この本を読んでいると色々育てていれば連作にはならない様ですがでも一応、2年連続で同じ場所に同じものというのは避けています。
土にとっても色々育てた方がいいんだろうなあというのもあって。

ただ

玉ねぎなどはやっぱり場所がある裏庭むきだったり日当たりもある

ので前の庭と裏の庭は偏りがちですが・・。
裏は特に色々植えているので連作になりにくい、ならないで欲しいなあと思いながら作業する日々です。

あとはプランターは主に再生栽培を植えているというところでしょうか。
ニラとか、ネギとかが主なものです。

いかがだったでしょうか。
自給自足の味方、家庭菜園。気分転換にもとてもおすすめなのでよかったらぜひ。

 

こちらの人気記事もよかったらぜひ

半自給自足の基本、プチ発電を支える我が家の太陽光パネルについて

 

ポチッとしていただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

homeへ戻る