Sustainable 心地よい暮らし 自給自足

最近よく聞く「サステナブル」

私はなんでも横文字より逆になんでも日本語のほうが好きなのですが、よく聞くのであえてサステナブルな暮らしということでタイトルにも入れてみました。
最近SDGsが国でも盛んに進められる様になってきてこのサステナブルな暮らしというのも本当によく聞く様になりました。

 

SDGsを普段の生活に簡単に取り入れるブログ記事はこちら

SDGsを普段の生活に取り入れるためのヒント

 

 

この「サステナブル」 、日本語にすると「持続可能」

webilo辞書を見ると

サステナブル

サステイナブル(英: sustainable)とは、人間の活動が自然環境や資源に悪影響を与えず、かつその活動を維持できるさまを表す言葉。また、物事がある程度の期間安定して行われるさまをいうこともある。「”持続可能の意味” 持続可能」と言いかえることが多い。”

ということです。

 

サステナブルな暮らしとは要は環境に優しくて持続できる持続可能な暮らしということですが。
「持続可能」というのは

意外に難しいなあ

と思ってまして。

いや社会的にはサステナブルな暮らしを一番考えていくべきではあるのですがそういっても子育てだってあって、家事だってあって、仕事だってある。いくら環境によくたってお金だってかかるのは厳しい。
多分みんなそうですよね。

そんなわけで半自給自足を目指し始めて1年くらいが経過した我が家で

比較的取り組みやすい

なと思ったサステナブルな暮らし、「持続可能」なエコ活動、かつ節約にもなる半自給自足を支えるそんなもの、コトをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

1:できるだけ使い捨てプラを使わない生活をする

サステナブルな暮らし=プラスチックを使わない工夫とは

みつろうラップ 半自給自足 サステナブル

 

元々、できるだけ環境に優しい暮らしをしていたつもりではありますが、ここ1年ちょっとがっつりとサステナブルな暮らしを目指してきて思うのは、持続可能な暮らしを目指すというのはつまるところ、

できるだけ使い捨てのものを使わず、ものを大切に使う

というのを考えればまあ、さほど外れないと思っています。
使い捨てのもので多く問題が起きがちで、結構取り組みやすいのが実は使い捨てプラを

できるだけ使わない

ということは結構できたりします。

使い捨てプラというと、思いつく多くが

ラップとプラ袋

でしょうか。
とは言えどプラ袋の代表のゴミ袋は指定のものがありますし、我が家ではまだおむつの人がいまして、保育園にはゴミ袋を持っていかなければいけません。
なのでサステナブルの暮らしを現実的に考えると

できるだけ使わない

ということになるわけですが^^;

 

ゴミ袋をできるだけ使わないようにするには家全体のゴミを減らすというお話がありますがそれは後ほどご紹介するとしてとりあえず、代替方法をご紹介したいと思います。

ラップですがこちらは我が家では基本

みつろうラップ

に切り替えました。

みつろうラップの作り方はこちらのブログ記事で紹介しています。

みつろうラップの作り方

 

楽天などで販売しているこちらの商品を使うと便利です。

 

 

10センチ四方の布に約3g必要なだけなので30センチのものでも5枚は作れます。
野菜を包んだり、おにぎりを包んだり多くのラップはこれで代替ができます。
これが880円。
5枚作ったとして布代も入れて1000円程度。
値段にするとラップが大体9〜10回分でしょうか。
5枚あれば6ヶ月は持つと思いますし、布はもう6ヶ月くらい使えると思うので(ラップはメンテナンスでもう一度みつろうを塗った方がいいと思います。)
金額的には

100円くらいの節約

かなと思います。
意外にサステナブルな暮らしはお金がかかりそうと思いますが、やり方によって

サステナブルな暮らし=節約

になったりします。

 

あとは冷凍庫によく利用していると思う、○プロック系の代替は我が家はこんな感じにしています。

サステナブル 半自給自足

どういうことかというと、ラップに包んだり○プロックに入れないと

水分がやはり飛ぶ

んですね。

そうするとお肉がパサつく。

なので、

何かに浸けて冷凍する

ということをしているんです。
野菜は早めに使い切ればあまり影響を受けないと思いますが、特にお肉はパサパサになりがちなのでこういうことをしています。

この中に利用している緑と白のケースは100均のもの。
お弁当用としても利用できますが我が家は大きいサイズを購入して冷凍に使ってます。
お魚も同様。
冷凍しておくとすれば漬物になりますが、魚については我が家は海のある県に住んでいることもあり、買い置きをほとんどしなくなりました。
買い置きするとしても干物関係です。

この入れ物は一旦購入するとジプロックとは違って、5年程度(それ以上使えると思いますが我が家ではまだ5年なので)は使えますので、醤油などを利用する金額を引いても年間の○プロック代、500円程度は浮いているかと思います。

ね、やっぱりサステナブルな生活だからってお金はかからない方法もあるわけです。

またこれらを利用することで

使い捨てしない生活

移行できますので、まあサステナブルな暮らし に近づいていくのかなと。

 



2;洗剤類を変えてみる

界面活性剤が入っていない洗剤でおすすめの洗剤類とは

 

サステナブルな暮らしはつい、ものに目が行きがちですが、私たちが出しているゴミや排水にも気を配る必要はあります。

家で利用している洗剤には多くが界面活性剤が入っています。
この界面活性剤、下水上の処理能力は上がってはいるものの、下水処理をしても数%から10%程度処理できずに出てしまうほか、地域によってはそのまま海水へと流れ込みます。
界面活性剤は

生物による分解がされにくいものも多くある

関係でこのことは非常に問題になっています。

 

私たちができることとしては合成界面活性剤を成分を成分としている合成洗剤をできるだけ使わない、使っても入っている分量が少ないものを使うことでこちらの対処をするというのがベストなわけです。
我が家でも、コロナで少し遅れていましたがほとんど全てを切り替えました。
切り替えるまでに色々試したり考えたりしたのでそちらをデメリットや理由とともにご紹介したいと思います。

まず

洗濯洗剤。

これは

完全にせっけんに切り替え

ました。

 

我が家の問題の1つとして、家が古いので、つまりを気にしてパイ○ウォッシュ的なものをしないといけないというのがありました。
そのため、そちらもなくしたいというのも今回洗剤を選ぶ基準になっていました。

ただ洗濯については洗濯機の掃除という意味でも別途洗剤を使うのでその辺は、もはや考えずに普通に環境によくてコスト面もさほど上がらないものとして、

そよ風せっけん

を選びました。

 

こちらは私も利用してびっくりしたのですが、

ぶっちゃけせっけんの方がよく落ちて、しかも昔ながらのいい匂いがします。

香りについては昔はなく最近添加されたようですが私は嫌いではない強くない香りです。

 

楽天ではこちら

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミヨシ石鹸 そよ風 せっけん 2.16kg
価格:817円(税込、送料別) (2020/11/19時点)

楽天で購入

 

 

 

 

デメリットがあるとすれば、粉せっけんなので、

水に溶かさない

といけないということ。
我が家は基本的にお風呂のお湯を洗いで使っているのでその辺は問題はあまり生じません。
ただ横面に書いてある容量を守らないとこの辺の問題が起こりやすいようです。

(お風呂のお湯を使うのもサステナブルな暮らしですがそれを入れるのに電気を使っているので単純に節約みたいな感じも・・)

 

amazonではこちら

 

コスパ的にも何回分か計算してないのですが、安めのプライベートブランドの洗剤と比べない限り大きくは変わらない、または

安め

かと思います。

 

お風呂、トイレ、食器洗剤も同様に変えましたがこちらは

我が家は家が古い

ので配管を綺麗にするパ●プウォッシュを使わない代わりに石鹸はやめて環境負荷の低いこちら、

緑の魔女シリーズ

にしました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

緑の魔女 バス 本体+つめかえ用セット(1セット)【緑の魔女】
価格:658円(税込、送料別) (2020/11/22時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

緑の魔女 トイレ 本体+つめかえ用セット(1セット)【緑の魔女】
価格:519円(税込、送料別) (2020/11/22時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

緑の魔女 キッチン 本体+つめかえ用セット(1セット)【緑の魔女】
価格:609円(税込、送料別) (2020/11/22時点)

楽天で購入

 

 

 

緑の魔女シリーズの商品は合成洗剤が全く入っていないわけではないのですが、環境負荷が低いことを売りにしており、パイプも綺麗にするという優れもの。
排水管を綺麗にするものを購入しないと考えれば100円程度高くなるくらいのイメージに思っています。
こちらもびっくりしたのは特に

トイレの洗剤はよく落ちます!!

 

3:ゴミを肥料に変える

ゴミを出さないサステナブルな暮らしをするための工夫

庭 コンポスト 心地よい暮ら

最初に記載したように、サステナブルの暮らしとしては排出物も考えなければいけない、ということでゴミ問題。
あまり綺麗な写真ではなくて申し訳ないのですが、最近流行してきている

コンポスト 。

我が家はただ単に庭に埋めています。

 

コンポストについての詳しいブログ記事はこちら

コンポストでサステナブルな家庭菜園を目指す

 

 

夏だと3日くらいで1度今時(11月末)だと4〜5日に一度

埋めている感じです。
埋めるのはただ単に庭の違うば場所にうめて半年くらいで同じ場所に帰ってくるようなイメージですので、一度に埋める量が少ないとすぐ一周してしまうのでその辺を気をつけながら行っています。
何に貯めているかというと

 

牛乳パックを切ったものもやゴミになってしまうプラスチックの箱など

エリンギの箱とかってプラスチックの箱によく入っているんですよね。
我が家はこちらをゴミにする前にゴミ入れにしております。
これはコストはもちろん0。労力もさほどかかりません。
マイナスポイントがあるとすれば埋める時間を取らなければいけないことくらいでしょうか。
でもこのおかげで我が家はほとんど

土は買わずに良くなりました。

 

あとはゴミが減っているという意味では

サステナブル だし、節約

になります。でも1ヶ月1袋分くらいかなとは思いますが。

 

これに付随する内容ではありますが、

野菜を自分で作る

これ大切です。

半自給自足を底支え

しているものですがこれは

子供の食育

にもいいですしおすすめです。
例えばきゅうりであれば1苗が大体150円以下で購入できて、5本以上は取れますので時期を見て購入すれば

元はきちんと取れます。

 

 

我が家では、今年はなす、きゅうり、トマト、ピーマン、人参、ねぎ(根っこをとっておいて差し込んだ再生野菜なので元で0)、じゃがいも、オクラ、エンドウ豆、ジュンベリー、ゆず、大葉を育てていました。

このうち、全く収穫できなかったものはえんどう豆、とおくらとゆず、そしてじゃがいもも収穫が少なめでした。
ただこれらは初めて育てたものなので1年目は分からないことが多いので仕方ないかなと。
ゆずはまだ3年目で、馬鹿がウンカンヌンというほど取れにくい植物なのでこれもまあ・・。

ちなみにこれだけならべるとめっちゃ大きな家だと思われますが

プチ田舎ですが

家は普通のサイズ

でして庭も大体土の部分は5畳〜7畳あるかないかくらい(*’▽’*)
にんじんとネギに至っては駐車場スペースの横のプランターで育ててますw

 

 

4:冷蔵庫や電化製品を節電商品に変える

節電できる電荷商品でサステナブルな暮らしへ

 

 

節電 冷蔵庫 心地よい暮らし

 

デーンと我が家の冷蔵庫を置いてみました。すみません・・。

こちらのブログ記事でも記載しましたが

実際に台風で被災した我が家の話。

 

節電タイプの冷蔵庫は

防災にも役立つ上に、節電にもなります。

わざわざ購入する必要はありませんが

買い変え時期には節電タイプの購入のおすすめ

をします。
大概電気屋さんで1年節約できる電気代が記載ありますのでそれらをみて貰えばわかりますが

購入料金は節電タイプより少し高くても、最終的にトントン

です。

5年から10年で元が取れてトントン。さらに長く使えればコスパ良しになる感じ。
防災的なお話をすると我が家、この冷蔵庫に買い替えてから被災しまして。
考えれば当たり前なんですが節電できる冷蔵庫というのは普通に考えて

構造的に冷蔵能力が高い

ものですよね

多分そのおかげでだと思うのですが我が家の冷蔵庫、特に冷凍庫。
停電後

2日目午前中まで氷があって
3日夜まで冷凍していたものの塊、
お肉などは凍った状態

でした。
(上の小さなポケットの部分は氷がダメになった段階でアウト)

4日目朝も下の方に入れたものは冷蔵状態

でした。
(半解凍だけれど冷たい状態)

考えながら料理をしたりしていたのもありますがこれはすっごく助かりました。
防災にわざわざ何かを用意しておくだけではなく買い替え時期もいろいろ考えるのがおすすめです。

 

それ以外に我が家では石油ストーブを利用しています。

アラジンストーブ 心地よい暮らし

アラジンの石油ストーブ。❤️

ガスとなんら変わらないと言えば変わりませんが暖房をしているこの上でお湯を沸かせたり、加湿できたりと1つで3通り便利的な何かと便利です。
こちらは中古で手に入れたのですがほとんど壊れるということがないものなので、使えば使うだけコスパは良くなっていく仕組みです。
すぐには暖まらないのが難点なのと子供が小さいうちは注意が必要ではありますがおすすめです。

何よりお気に入りな感じのものが家を温める嬉しさ(マニアックな領域へ・・)

 

5:サステナブルな暮らし、上級編は発電をすること

サステナブルな暮らしを本気で目指すなら発電を

 

この辺は内容としては長くなるので別のブログ記事にしていますが

半自給自足の基本、プチ発電を支える我が家の太陽光パネルについて

我が家では発電生活をしています。
屋根発電ではなく、出したりしまったりする自給自足されている方がよくやっているもの

こちらのタイプですね

発電 自給自足 心地よい暮らし

こちらもどれだけ上手に蓄電池類を長く使えるか、パネルを壊さずに使えるかでコスパは変わってきますが

間違えなく

サステナブル

な暮らしではあります。
ただ、これは少し趣味が入ってきている感じも否めないので(実験的な好奇心みたいなものや楽しさ的な・・)
比較的取り組みやすいかと言えば初期投資もかかるので別かなと・・。

 

その他、ものを作るとかいろいろあるのですけれどマニアック領域はまた今度。

 

 

いかがでしたでしょうか。
工夫をするとなんらかあるもので。
半自給自足を目指したいなあと思ってから取り組んだものや節約マニアだったからというのもありますが。
皆さんの身の回りでこういうものがあるよというのありましたらぜひ教えてください。

何かの参考になりましたら

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

homeへ戻る